HOME > 新刊情報 > 平和運動開始70年 画家 加納莞蕾 大回顧展

新刊情報

平和運動開始70年 画家 加納莞蕾 大回顧展

  • 著者公益財団加納美術振興財団 理事長 加納二郎 編著
  • 定価1,800円+税
  • 初版2019年4月
  • ISBN978-4-904678-90-9
  • ページ87ページ
  • 版型A4判

内容紹介

安来市加納美術館で開催された「平和運動開始70年 画家 加納莞蕾 大回顧展」の図録。
カラー図版57点、年表、研究論文3本を含む。
加納莞蕾は、1904年島根県生まれ。青年時代、油彩を学び、フォービスムに影響を受け、独立美術展創始から出品。連続入選。島根県、植民地時代の朝鮮で教員を務めながら、作品制作に励む。日中戦争の際は、中国に従軍画家として派遣され、戦争記録画の作成にも従事した。戦後、郷里に引き上げたのち、島根洋画会の設立に奔走。同時期、元海軍少将古瀬貴季との出会いを契機に、フィリピンBC級戦犯の助命嘆願運動を独自に開始し、当時のフィリピン大統領に直接書簡を送り続けるなど独自に取り組んだ。運動中は画業を中断。フィリピン戦犯釈放後も加納は画壇に戻ることなく、郷里で絵画の制作に取り組み続けた。
本展は、加納の生涯をその作品で振り返る初の回顧展。とりわけ、戦前の油彩作品は近年再発見されたものが多く、本書にも図版が所収されている。

目次(コンテンツ)

凡例

ごあいさつ

加納莞蕾の言葉

図版
 第1章 洋画家加納莞蕾
 第2章 戦争と加納莞蕾
 第3章 平和運動を進めた加納莞蕾
 第4章 墨彩画を描く加納莞蕾

資料
【考察1】加納莞蕾の画業 神 英雄
【考察2】世界平和の教訓を求め続けた加納莞蕾 三島 房夫
【考察3】家族から見た加納莞蕾 加納 佳世子

加納莞蕾年譜
加納莞蕾(辰夫)関係文献目録
作品リスト 

著者紹介

公益財団加納美術振興財団
理事長 加納次郎




〒692‐0623
島根県安来市広瀬町布部345‐27
電話 0854‐36‐0880

その他の著書

【新装版】画家として、平和を希う人として 加納辰夫(莞蕾)の平和思想

歴史に埋もれた一つの戦犯釈放史が、いまよみがえる。日本軍に妻子の命を奪われたキリノ元大統領だが、「憎...

1961年のパリだより

若き国鉄(現在のJR)マン、一年間の単身留学。日本の外の飛び出して、見たもの、考えたこと、家族への思...

もっと見る

著者に聞く

Facebookページ

自費出版をお考えの方へ