HOME > 加納佳世子 > 画家として、平和を希う人として 加納辰夫(莞蕾)の平和思想

加納佳世子

画家として、平和を希う人として 加納辰夫(莞蕾)の平和思想

  • 著者加納佳世子
  • 定価2,000円(本体)+税
  • 初版2015年3月
  • ISBN978-4-904678-53-4
  • ページ230ページ カラー口絵16ページ
  • 版型四六判上製本

内容紹介

「なぜ一人の画家がたった一人でフィリピンBC級戦犯の助命を運動したのか
フィリピン大統領、比国キリスト協会連合会、ローマ法王に書簡を送り続けたのか」
それはあたかも一枚の絵を完成させるがごとき行為であった。
娘が綴る加納辰夫(莞蕾)の生涯と平和への思い。
その人となりを示すエピソードとともに、莞蕾の作品を多数掲載。
解説:永井均広島市立大学広島平和研究所 准教授(第25回アジア・太平洋賞特別賞『フィリピンBC級戦犯裁判』)

目次(コンテンツ)

はじめに

第一章 故郷
1  生い立ち
2  少年期から青年期

第二章 画家として
1  東京へ
2  日中戦争と辰夫
3  古瀬少将との出会い

第三章 嘆願――『赦し難きを赦す』
1  一九四九年――東京へ
2  ふたたび東京へ――フィリピンの発信
3  フィリピン・キリスト教連合会へ
4  布部からフィリピンへ
5  キリノ大統領の声明

第四章
1  「世界児童憲章制定」への切望
2  フィリピン訪問
3  平和を求め続けて

あとがき
解説「フィリピンBC級戦犯裁判」と加納辰夫の活動
広島市立大学広島平和研究所 准教授 永井 均

資料 加納辰夫年譜
資料 布部村平和五宣言

著者紹介

加納佳世子(かのう・かよこ)
安来市加納美術館館長。学芸員。
1944年11月京城(ソウル)に生まれる。1945年9月島根県能義郡布部村(現。安来市広瀬町布部)に家族と共に引き揚げる。広島大学教育大学部卒業。大阪府小学校教諭、薫英女子短期大学講師を歴任。2012年6月より公益財団法人加納美術振興財団理事。

安来市加納美術館 www.art-kano.jp

その他の著書

画家として、平和を希う人として 加納辰夫(莞蕾)の平和思想

「なぜ一人の画家がたった一人でフィリピンBC級戦犯の助命を運動したのかフィリピン大統領、比国キリスト...

もっと見る

著者に聞く

Facebookページ

自費出版をお考えの方へ